法事参加の人達に気持ちを静め菩薩の顔先に仏様になった亡き人を迎えて…。

仮に葬儀式場ひとつにしても一流ホテルの最高級会場がいいという要望もあれば、寺院の勇壮な雰囲気の中で、お別れを希望するご家族もおいでになるようです。
「葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)坊主」と言うことも「葬儀・法事だけしたがる僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を例えてみただけでなく「葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)に関わるから穢れている」という意義をやったこともある。
現代では先生などは葬儀式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)で読経する人という感じが強いですが、今まで僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)とは釈迦の教えや、仏教などを間違いなくわかるように、届けるのが使命なのです。
通夜は一昔前は家族が常夜仏に付き添うものだったが、現代では暮夜に終わる半通夜が一般です。
亡くなった方の一室の身辺整理ハウスクリーニング、廃棄品の措置とかの遺品生理は、古来家族の方の強行するというのが有名でした。

父親に資力がないから贈与は関わりない、おいらは何も頂く所存はあり得ないので進呈は関わりない、と錯覚をする者が大抵おられます。
祭祀はお寺の宗教者による授戒(仏に入る者に戒律を授ける)と引導(彼岸に導く)を行う祭事で、基本では近親者が列席していました。
この祭祀は会場の手配や本位牌の準備など事前準備をすることが多々あり、(いつまでに何をやるのか)十分に飲み込んでおく必須です。
素晴らしいお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)とはお見送りだけに専念できる葬儀のことでつまることなく無事に葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を終わらせることができ、最後のお見送りが出来ることが、良いお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)といえるかもしれません。
まだまだ若きときにお母さんを遺失したので法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)には無知で、かつ教えを乞う知り合いもいないから、二十三回忌といっても何をしたらよいのか不明でした。

その昔は通夜は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と仲の良い人が夜明かし故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の傍にいてのが一般的でしたが、この頃は訪問者をお迎えして通夜を施工し、2時間程度で終わるのがだいたいです。
後飾り祭壇は葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を終え祭壇を終結した後に遺影写真・遺骨・位牌などを四十九日法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)まで安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。
法事参加の人達に気持ちを静め菩薩の顔先に仏様になった亡き人を迎えて、あらたまって言葉をかけて、ご供養するものだと思っています。
しかし今の時代は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)のみの方や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を希望する方が増える一方ですので最後はお気に入りの場所でと、自宅を希望される人も増加中です。
自分中心に考えて苦しみ迷い多き生涯を苦しみ戸惑いとわからずに生活するという事実から、今の問題に、へこたれないという感じに、多数おられます。

蓮の葉いまどきの冠婚葬祭TOPへ