四十九日の忌明けまで使い続けることが人並みでお通夜(通夜式ともいいます…。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の実態として世間は『ご遺族だけの祭儀』『遺族と友人だけの仏事』が多くいるようで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)のフィールドににまたがる直観も各々と言われています。
火葬に相当する職業者は古くから宗教者が人々の中に入り道端に見捨てられた遺体を集め、供養して火葬したことが発端として、『オン坊』と言われるようになったのだろう。
葬儀会場から弔辞を貰いたい人に至る全て、望みがあれば極小のことまで書き込む事が出来るのが遺言ノートの素晴らしいでもあります。
坊主と親交がなく葬儀のケースに葬儀業者に坊主を介して頂く場合は、お布施を何ぼほど包んでいいのか判然としないので、鬱屈を抱く人も多いと想定されます。
四十九日の忌明けまで使い続けることが人並みでお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)や葬儀に列席出来なかった人達が、参列した際には、ここでお参り供養してもらいます。

今まで通夜に代表のお礼はなかったですが、先ごろではお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に列席者が増加しており、謝辞をされる方も増加しています。
親族代表は通夜・葬儀・告別式の実際のところの窓口となり広い役目としては出席者へのご挨拶、などが存在します。
納骨堂は関西各地に建立されており駅に近くて便利なお寺や都心から距離を置いた、静寂な寺まで、選択肢はたくさんあります。
お仏壇とはその名前の通り仏様言わば如来様を手を合わせる壇の事でその事に加え近年では、命を落とされた身内や、ご先祖を祀るものという見方が、常識になりつつあります。
満中陰法要の際と異なり将来的に残る品で結構だと思いますし地域の慣習等によっても、異なりますので、デパートなどでお問い合わせされるのも仏具店などでお問い合わせしてみるのも、良いかと思います。

終の棲家で身内だけの法要をされる場合戒名ではなくお亡くなりになった方の名前のほうが胸の内にしっくりくるのであればそれはそれとして問題ないのでは、無いんじゃないかといえます。
葬儀式は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の僧侶が授戒(仏門に入る方に戒律を授けること)と引導(故人を彼岸に導くこと)を行う宗教儀式で、一般的には近親者が参列されていたようです。
祖先に関する供養ということで親類たちですべきことが、超したことは無いのですが、色々な都合で、できないケースには、お寺と相談をし、卒塔婆を立てるご供養だけを、お任せする事もあります。
仮に他人から聞いたような本に書いてあるみたいなここがベストとされる場所にしても常にお参りできない、みたいな場所では、無意味だと思います無駄なのです。
お別れの時では皆により棺の内部にお好きな花などを供えて、死者との最終の別れをしてもらい、火葬しに行きます。

蓮の葉いまどきの冠婚葬祭TOPへ