古から近しい人達が行うことが一般だった民衆的だった遺品処理ですが…。

往生人の気持ちを受け身内だけで葬儀を終わらせたところお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・葬儀告別式にお別れできなかった人が、手を合わせたいとちょくちょく自宅へ、くるようになりました。
法要参列の人達に気持ちを静め菩薩の御前に仏になられた往生人を迎えて、あらたまって言葉を交わして、ご供養するものだと考えます。
家族や友人への望みを送り出す手紙として、また私のためのデータ清算帳面として、年齢を気にせず気取らず編集することが出来る、老後生活の中でも助けになるノートです。
それに加えてお墓の外観も今では色々と存在し少し前までは決まりきった形状のものばかりでしたが最近は和風洋風色々な、墓石が多くなっているようですし、制限のない形状にする方々も、増えてきた模様です。
しかし今の時代は火葬のみや家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を選択する家族が増えましたからこの世の最後は、自宅でと思う方も増えています。

古から近しい人達が行うことが一般だった民衆的だった遺品処理ですが、超多忙だったり、遺品整理する場所が僻地だったり、遺族ではできないのが現状です。
後飾りは葬儀を終え白木祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を片付け遺影写真・遺骨・位牌などを法事まで自宅に安置してお参り供養するための祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を後飾りと呼びます。
交わりのある寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)が不明、自身の主家の宗旨宗派が覚えていない方は第一は親類や従妹に伺うといいですよ。
自宅で身内だけの法事をされるケースで戒名ではなく故人の呼び名のほうが心に残るとしたらそれはそれとして悪くないのでは、無いだろうといえます。
記念コーナーに足を向けた参加者の人々が酒好きな○○さんはとにかく飲みました、と喋られていて、奥様は驚かれていました。

ご先祖様に関してのお参りなので親類たちでやった方が、最良だと思いますが、それぞれの理由で、実践できないケースには、お寺に相談させてもらい、卒塔婆を立てるご供養だけを、申し込むときもあります。
坊主と親交がなく葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の時に葬儀業者に坊主をコネクトして頂くケースは、お布施の金額はどれくらい包んでいいのか不確実なので、鬱屈を抱く人間も多いみたいです。
仏の供養に手を付ける残された人が失われてしまうとか遺族、の代行として、菩提寺の僧侶に手配して、亡くなった家族の命日に、一定の年数、供養やお参りをすること、永代供養と呼んでいるようです。
大量の坊主の力によって母は救われると言われ供養を行ったら母は餓鬼の困難から逃れ、これがお盆だと考えられています。
お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)にこだわりといったような驚きだと思うかもしれませんがこれは葬儀を考えるときに何を大事にしたいか、という問題です。

蓮の葉いまどきの冠婚葬祭TOPへ