以外に葬儀会場への宿泊が難しいとき…。

家族や友人への希望を伝達するノートとして、そして自身のためのデータ清算帳面として、歳に関係なく簡単にメモする事が期待出来る、暮らしの中でも効果的な帳面です。
寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)とお付き合いなどなく通夜の場合に葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に坊主を仲介して頂く場合は、お布施の金額はいかばか支払えばいいのかはかりかねるので、心配を偲ばせる人も多いようです。
通夜は前は身内や親族が一晩の間亡くなった人に付き添うのがいっぱんてきだったが、昨今では中夜で終わる半通夜がジェネリックです。
以外に葬儀会場への宿泊が難しいとき、遠離からの列席者のホテルの予約をとったり、着付けや衣装など、葬儀式では色々と予定外の難問題が起きます。
家族・親族と一定の人々のみを招いて、さよならをする、祭礼を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と指すようになり、ここ何年かで、スタンダードになって、いらしたそうです。

習慣的に地域密着という葬祭業者が殆どみたいですが今では色々な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)が出来る葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)など、各々の特徴をいかした、葬儀会社もいます。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には妥当な概念はなく家族を真ん中に、地域の方など故人と深い人が集中して見送る多少の葬儀を指すことがだいたいのようです。
自宅で内輪だけの法事をされる場合戒名ではなく故人のお名前が胸の中に残るとしたらそれでも悪くないのでは、無いんじゃないかといえます。
死者を愁傷し葬る場が故人を隣に置いて財産を奪い合う醜い争いの場に変貌しそこで亡くなった人を弔っているのは誰なのだろうか、ということを感じたのを記憶している。
この法事は会場の手配や位牌の手配など準備を事前にするのが多く、(いつまでに何をするのか)慎重に飲み込んでおく必要があるでしょう。

祭祀はお寺の坊主によって授戒(仏入る人に戒律を授ける)と引導(彼岸に導く)を行う習わしで、原理では遺族のみが列席していました。
一緒に住んでいる父がいつからか一人でおもむろに出掛けて習慣的にお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)やお墓関連のパンフレットを貰って帰り楽しく説明してくれました。
現今ではお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・告別式を施行しない直接火葬して納骨する葬儀『直葬』を信奉する遺族が増加中です。
葬儀式を事前準備する人は家族の大代表、地域の偉い人や関係した団体、企業の人など、思慮のある人の意見を比べて決めるのが良いでしょう。
コネのある僧侶が認識がない、私の尊家の宗派が不明な方は、最初は親類や従妹に聞くのがいいですよ。

蓮の葉いまどきの冠婚葬祭TOPへ