以前はお通夜(通夜式ともいいます…。

お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)は寺院の坊主によって授戒(仏入る人に戒律を授ける)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う佛式で、原則では遺族のみが参列されていたようです。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には妥当な通念はなく親族を中心に、親しい人など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と結びつきのある人が集中して決別する特定数の葬儀式を指して言うことがだいたいみたいです。
満足のいくお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を行うためにもぼんやりとしたものでも良いのでこういう感じで別れたいなぁ、といった想像を、持つことが大切だと思います。
今日に至るまで葬儀業界を楔に寺院と大衆はギリギリで繋がりを持ってきたが、そのお別れの儀においても、宗教儀式離れが始まった。
天台宗のお寺などにお詣りした体験のある人なら周知だと思っていますが、お寺に踏み入れてみると、最奥部の本尊を常置されている華座や導師が奉拝するための壇が造られています。

通夜を不都合なく行うためにはご家族と葬儀社とのコミュニケーションも大切になりますので、普通に思われることでも、ご相談して下さい。
妻や家族への希望を届けるノートとして、そのうえ自己のための記録整理メモとして、歳に関係なく簡単に書き込む事が期待出来る、庶民生活の中でも効果的な手記です。
頑として記した遺言ノートも在ることを家族が認識しなかったら無意味なので、信頼出来る人間に伝言しましょう。
一昔前まで近しい人達が実施することが普通だった普通だった遺品整理ですが、多事多忙だったり、遺品整理する家が辺ぴだったり、遺族では行えないのが現状です。
ここ数年墓石の制作手法のかなりの向上によりモデルの自由度が、思い切り躍進し、ご自身の墓石を、自らデザインをする事が、可能になったわけなのです。

ご本人・お身内・会社関係・近隣の方・友人・趣味の範囲を確実に調べ相応しい助言と、最適な葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)プランを、ご説明させていただきます。
一時は墓というとうら寂しい雰囲気があったようですが、近頃は公園墓園のような明々な墓園が本流です。
以前はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に喪主喪家の挨拶はないのですが、近頃は通夜に参列者が増えており、お礼される方も多くなったといわれています。
葬儀と告別式とは本来別のもので仏教の考えのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)では先ず第一に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経などがなされて、そのうちに告別式、主にご家族ご親族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、施されています。
ご家族・親戚と特有の人々のみを誘いだして、お見送りする、祭礼を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と呼称されるようになり、現在では、有名になって、きたそうです。

蓮の葉いまどきの冠婚葬祭TOPへ