今では斎場(公営・市営・民営とあります…。

今までは通夜式は故人と仲の良い人が夜更けまで仏の傍にいてのが通常でしたが、今日日は関係者をお迎えして通夜を施し、数時間以内に完結するのが大衆的です。
本人のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や葬送の手段として生前から決めておく事を願い進める方旦那様と話し合ったりエンディングノートに書く風潮も起きています。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)と告別式とは従来別のもので仏教のお別れの儀では初めに宗教者による読経などが実施されて、その先に告別式、主に喪主による故人とお別れする会が、実行されます。
故人を想い葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の席が亡くなった人を隣に置いての財産争いの場に変貌し弔っているのはいったい誰なのだろうか、と強く記憶に残ったことだった。
最近では墓石の製造技術の大きな進歩により設計の柔軟度が、激しく高くなり、オリジナルの墓石を、自分で構想する事が、可能になったのです。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の構想として自分は『ご遺族だけのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)』『遺族と友人だけの葬儀』が多いようで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の縛りにに関する認知も各々と言われています。
実際に来た人を何人程度化にお呼びしてどれくらいの大きさの葬儀を行うのかを選択したり、亡くなった人の望みなどを考慮して、どんな感じの葬儀式を執り行うかを発注します。
仏式の時は北枕に安置するのがベストだとされていますがご遺体の安置の手法についてはキリスト教や神式などの、色々な宗教や宗派によって言い伝えが変わります。

大阪で家族葬をしたい。だけど、家族葬がどんなものなのかは知らない。費用は出切るだけ抑えたい。お寺との付き合いはないので、どうすればいいのかわからない。家族と親族と親しい人数名でお葬式を考えている。葬儀の準備や流れを教えてほしい。葬儀の費用や火葬場の費用。お布施のことも全く知らないので教えてほしい。大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、北斎場をご覧になってください。手順が分かりやすく紹介されています。

「お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)僧侶」という言葉も「葬儀・法事にしか携わらない僧侶」を揶揄しただけでなく「葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)に関わるから穢れている」という意義を示したりする。
当事者・家族・勤務先ご近所づきあい・ご友人・趣味の範囲をきちんと確認し相応しい助言と、最も適した家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を、ご紹介します。

元を正せば亡くなった人に添付される称号ではなく、仏道修行で鍛錬した、出家者に示教するものでしたが、最近は、システマティックな儀式などを、参加した普通の人にも、授けられることになっています。
今では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)とも言われるががんらい祭祀儀礼を営む場所および、祭祀儀礼を開く建物全般を呼ぶ言い方であり、通夜・葬儀・告別式のみ執り行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)と言うようです。
特に執筆した遺言ノートも所在を家族が知らなければ価値がないので、確信が持てる人に知らせておくのが良いでしょう。
過去はご家族の人で行動することが通例だった民衆的だった遺品処理ですが、忙しかったり、遺品整理する家が辺ぴだったり、近親者では行えないのが問題です。
粛々とした葬儀を考えているのにもかかわらずゴージャスな飾り付けや高価な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を推奨される場合は、葬儀業者と意思の疎通が、あいません。

蓮の葉いまどきの冠婚葬祭TOPへ